育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

赤ちゃんが快適に過ごせる室温は25℃!?季節ごとに変わる快適気温とは

14609 fan!

『赤ちゃんに適した室温は?季節ごとにまとめました』


一人の時は気にすることがなかったことでも、赤ちゃんと一緒にいると気になる…なんてことは数多くありますが、その中の一つが「室温」ではないでしょうか?
春、夏、秋、冬…日本には四季があっていいわぁ!なーんて、1人の時はのんきに思っていましたが、生れたてほやほやの赤ちゃんを前に、「自分はちょうどいいけど寒くない?暑くない?」と悩むお母さんも多いのではないでしょうか?
実際、自律神経の働きが未成熟な赤ちゃんは自分で体温のコントロールがうまくできず、気温と一緒に体温も上下してしまいます。
そこで、赤ちゃんに適した室温を季節ごとにまとめてみました!

【赤ちゃんに適した室温 春】

spring_bloom_tree_flowers_93587_602x339
赤ちゃんが過ごすお部屋の春の適温は25度。
特に初春は天気による寒暖の差が激しいので、場合によっては軽く暖房が必要になるかもしれません。 寝ている時も、明け方は特に冷え込みます。さすがに暖房は必要ないかと思いますが、お蒲団がはだけてしまって、お腹や足が冷たくなっている…!ということもあり、お蒲団がきちんとかかっているか注意が必要ですね。


【赤ちゃんに適した室温 夏】

beach_tropics_sea_sand_palm_trees_yachts_84735_602x339
赤ちゃんに適した夏の室温は26~28度。
春よりも高ーい!と思いますが、外との気温差を5度以内に抑えつつ、快適に過ごせるとなるとこのくらいの温度になります。 夏はやはり、エアコン・扇風機が欠かせませんが、エアコンというと体に悪いイメージがあるし、かといって室内でも熱中症になる恐れがあるのでどうしよう…と悩むお母さんも多いと思います。私もそうでした。
夏のエアコンの使い方に注意が必要で、まず、エアコンや扇風機の風を直接当てないようにし、3時間おきくらいに換気をして、お部屋が冷えすぎないようにしましょう。

夏は寝る時も困りますね。暑いと寝付きも悪いし、大人だって辛いです。
私の場合になりますが、夏の夜のエアコンはタイマーを用いて気温が下がる夜中の3時ごろには消えるようにしました。
また、エアコンの風の向きを一番上して直接体には当たらないようにし、更に扇風機の首の向きを一番上にして、天井の方にあるであろう冷たい空気が循環するようにしました。
それでもまだ冷える時は冷房をつけたまま窓を少し開けて喚起したり(電気代がもったいないですが、快適な室温になりますし、乾燥も防げます)…あの手この手で夏を乗り切っております!



【赤ちゃんに適した室温 秋】

waterfall_pond_trees_thailand_nature_93398_602x339
赤ちゃんに適した秋の室温は、22~25度。
秋も春と同様、天気によっての寒暖の差が激しく、秋の始まりは夏のように暑いのに、終わりの方になると寒くて暖房をつけたくなることも…
特に秋の終りの方は風邪も流行ってくるので、ウイルス対策にも、室内の乾燥には気をつけたいところです。



【赤ちゃんに適した室温 冬】

snow_snowflake_winter_73812_602x339
冬の赤ちゃんに適した室温は、22~23度。
冬の暖房器具は、エアコン・床暖房・ホットカーペット・ストーブ・オイルヒーターと豊富ですが、空気の乾燥を考えるとエアコン以外が好ましいかと。
ただ、それらは接触面が意外と熱くなるので、赤ちゃんがいる場所が暑すぎないか注意が必要です。
また、冬は全体的に着せすぎに注意しましょう!
寒いからとついつい着せすぎてしまいますが、きちんと温度コントロールがされた室温では、薄着で十分。起きている時はインナーと長袖シャツ、就寝時は薄い長袖シャツくらいでしょうか。特に就寝時は、布団も冬用の温かいものになっていますし、私もついつい着せすぎてしまい、同じ布団で寝ているので更に温かく汗をびっしょりかいていて焦った思い出があります。



【まとめ】

以上、赤ちゃんに適した室温を季節ごとに紹介させていただきました。
四季が色濃い日本だからこその、季節ごとの温度管理…お母さんは大変ですよね!
あまり気にしすぎず、ただ、ポイントは抑えて乗り切りましょう!


『そうだ!パジャマ買わなきゃ』と思った方は
→世界の子供服通販maykies(メイキーズ)

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!