育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

ベネッセの知育玩具で夏休みで1UPしよう!Benesse(進研ゼミ小学講座+)を紹介してみる

950 fan!

img_sec01

【PR】「レンズと光でおうちが映画館<光のじっけんレンズ>」のご紹介。

今日は、ベネッセの知育玩具のご紹介。

知育玩具といっても、小学生向けの私たちパパママの世代でいうところの「本の付録」の進化版?!です。

子供の成長の1年ってものすごく早いですよね
夏休みも、普段の学校や習い事に何かプラスして子供に「体験」させたいのもこの時期。

そこで今回紹介するのが、「レンズと光でおうちが映画館<光のじっけんレンズ>」のご紹介。

私たちも、「モネットスクール絵画教室」の中で、子供の独創性、想像力、考える力!には日々驚かされます。

いくら自分が親でも、子供の才能や、想像力までは気づかないまま子供は成長しているものです。

では何を親が、大人ができるか?

「ツール」の提供。つまり道具、もっと掘り下げていうなれば「表現方法」です。

モネットスクールでは、子供の想像する世界観を「絵を描くこと」つまり「描く(drawing)」として、道具を、機会を提供します。

考えることもさることながら、表現するには技術と技能が必要です。

これを大人になる過程で「成長」の中で子供たちは身に着けていきます。

このような全く自然に人が成長する過程で、最もシンプルに成長する動機は「楽しい」ことです。
そしてなによりも、子供たちが大好きな「パパママ」の笑顔です。

そんな思いを全部詰め込んだ、おもちゃのようなツールが、今日ご紹介する「レンズと光でおうちが映画館<光のじっけんレンズ>」。

使い方イメージ

content03_kyogu_sho2
引用元:進研ゼミ小学講座

自分でつくったオリジナルのフィルムを投影して映画をつくったり、影絵遊びをすることで、3年生の理科学習にもつながる光と影の性質やレンズの仕組みを楽しみながら学ぶというもの。

子供が、考えている世界観、想像力がなんと映画というツールで表現されるというもの。

【step1】
フィルムに子供たちは自由にカット割りしたストーリーを描きます。

img_zoom04

img_zoom03

【step2】
おうちの壁や天井に、投影することで気分は映画監督!

img_zoom05

今日のまとめ

ストーリーを構成する論理性と、見せる相手を喜ばせようとする企画力が養われます。絵を描くことが大好きなお子さんでしたら、このツールがあるだけで、使い方は無限大!
投影の仕組みを知ることで、主にテレビなどの液晶の構造を論理的に理解し、このツールを使用したその時から見る世界の解釈が子供にとって変わると思ったら、ぜひ、この夏休みに活用したいツールです。

【動画の紹介】

詳しくは、
進研ゼミ小学講座の公式HPへGO→http://sho.benesse.co.jp/

引用元:進研ゼミ小学講座

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!