育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

ビー玉ジェットコースターをつくる!こどもの科学工作

86 fan!

【12/8モネスク教室風景】

みのまわりには「わくわく」がいっぱい、子供たちの好奇心をかきたてる
実験や制作を行っています「アートサイエンスクラス」今回の実験・制作テーマは
急斜面を下ったり、カーブをぐるぐると回ったり、エキサイティングな「ビー玉ジェットコースター」です!

一度は乗られたことがあるかもしれない「ジェットコースター」ですが
実は、車や電車などと違いモーターやエンジンなど動力は一切ついていません
どうしてあんなにも早く走れるのでしょうか?

ジェットコースターに乗るとだんだん高いところに上登り、いっきに落下するものが多いですね
車体が落下するその勢いで動いているのです!

持ち上げられた一番高い高さでは「位置エネルギー」が最大になります
落下をし始めて、スピードが上がっている時(=位置エネルギーが下がる時)は、逆に
運動エネルギーが上がっているのです。ちょぴり難しいですがこの両方を「力学的エネルギー」といいます。

今回は、手作りのレールを作り、高いところから低いところへレールをつなげる
ことでビー玉が転がり走るジェットコースターをつくります!

今回用意したレールは、百均ショップでも購入できる「方眼工作用紙」でつくります
幅5cm×長さ20cmにカットした方眼工作用紙に、レールの壁となる両端部分
1.5cmをカッターなどであらかじめ、きりこみを入れて折り曲げやすくしました。
(今回使用したビー玉は1.6cmのレギュラーサイズ・レール幅は2cmとなります)

カーブのレールは壁の片側1.5cmを残し、2cm幅で切り込みを入れます。
かるく折り曲げながら、重なった切り込み部分をテープで留めることで、カーブしたレールが完成します。

今回はベースの骨組みとして、(引き出し部分を除いた)ドローワーとダンボール筒4本を用意しました。
この骨組みにストレートやカーブの手作りレールを、高さを徐々に低くすることを考えながら
組み合わせテープでつないでいきます!

勢いよく落下するコース直後のカーブは、曲がり切れずにビー玉が脱線してしまいました、、、
生徒さん自身で考え、壁を高くすることで解決することがわかりました。

何度もテストを繰り返しながら、高さやレールの位置を調整し、いよいよ「ビー玉ジェットコースター」の
完成です!みんなビー玉を手に取ってレールにセット、クルクル・ビューンと気持ちのいい動きで
一番低い位置にあるゴールまで見事転がりました!

身近な素材でできる実験なので、ご自宅でも遊んでいただければ嬉しく思います♪

【12月ご予約受付中です!】

2018年12月のご予約受付中です!

12月カリキュラム

モネスクご予約お問合せは、簡単スピーディーな【モネスク公式LINE@】がおすすめです♪ 
その他「電話」「メール」でもご予約可能です!

モネスク公式LINE@お友達追加はこちらから!↓
友だち追加

TEL:06-6948-8969
MAIL:info@shop-monette.com
mobile:090-3974-9921

モネスク講師:上坂(コウサカ)まで

モネスクホームページでは、過去の教室風景やカリキュラム内容の更新をおこなっておりますのでぜひご覧ください♪

教室ご予約はこちらからも受付中!

※携帯メールにメールが届かない場合がございます
お問い合わせフォームからご連絡後、2営業日以内に返信がない場合モネスク公式LINE@をご利用いただくか、090-3974-9921(担当講師:コウサカ)までご連絡下さい。

ご氏名
フリガナ
お子様のご氏名
お子様のフリガナ
お子様の年齢
お子様の性別
参加希望日
アレルギーの有無
写真撮影の可否
電話番号
メールアドレス
備考

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!